大学現役合格指導塾 ナイト受験ラボ|群馬県桐生市

大学入試に20年以上携わるベテランの専任講師が、最短距離で大学現役合格を狙う受験生の皆さんを万全の体制でサポートします。

11月11日(金)時間割&講師雑感

こんにちは、ナイト受験ラボです。
11月11日(金)の時間と教室の確認をお願いします。

1号館
 A教室(1階)

  予備教室

 B教室(2階)
  17:40~19:00
   高3数学 数学Ⅲ
  19:25~20:45
   桐高1年 数学
  20:55~22:15
   桐高1年 英語 

 C教室(3階)
  19:25~20:45
   桐高2年 英語β
  20:55~22:15
   桐高2年 数学β

2号館
  17:40~19:00
   共通テスト対策 生物基礎
  19:25~20:45
   高3国語 私大国語

※ 自習は1号館・2階自習室を利用してください。

 

自家焙煎コーヒー 田中屋

こんにちは。コーヒー焙煎士の田中です。
今日は、私の趣味であります、コーヒーの自家焙煎をレポートします。

2ヶ月に1度ほど自家焙煎をするためのコーヒーの生豆を購入しています。
今回は、はじめて「ラオス」と「ホンジュラス」の豆を買いました。
1
おぉ、こうして並べてみると、産地によって色や大きさがが違いますね。
よし、今日は、初めましての「ラオス」を焼いてみましょう。
東南アジアのコーヒーはどうでしょうか? 楽しみです。
2
収穫して数ヶ月以内の豆をニュークロップと言うのですが(お米で言う「新米」ですね)、色が茶色なので、オールドクロップかな?
前々年より前に収穫した豆をオールドクロップと言います。
オールドクロップは、ほどよく水分が抜けているので、焙煎したときに均一に仕上がりやすいメリットがあります。
ブラジル豆にはわざと熟成させる豆もあるんですよ。

では、手順1。ハンドピックをします。
まず今回は500g焙煎します(画像の袋は1kgです)ので、500gに分けて広げ、欠点豆を一粒一粒つまみ出します。
3
欠点豆とは、画像で赤い○を付けた、欠けていたり、腐っていたり、穴が空いたり、未成熟だったりしていて、
焙煎すると味を著しく損なう豆のことです。この作業を徹底的に行うことで、コーヒーの味が決まります。
自家焙煎コーヒー屋さんでもこの作業をしますが、この欠点豆は廃棄する豆ですから、利益を考えると、なるべく豆は捨てたくないのです。
でも、捨てないとまずくなる。ここがコーヒー屋さんのジレンマですね。
私は、初めて行くコーヒー豆屋さんでは、「モカ」を買うことにしています。
この豆は、納品時には欠点豆が多く含まれているのですが、欠点豆を徹底的にハンドピックすると、
爽やかなフルーツのようなフレーバーを発する、極上のコーヒーになります。
しかし、いい加減なハンドピックだと、コッコ臭のする不味いコーヒーになってしまうのです。
ちなみに、「コッコ」とは、ポルトガル語で「ウ○コ」のことです。
ですから、「モカ」にこそ、そのお店の主人の珈琲屋としてのプライドが現れると、私は信じています。
とはいえ、私は商売をしているのでなく、美味しいコーヒーを飲みたいだけなので、一生懸命にハンドピックします。
4
500gの豆から、これだけの欠点豆をピックしました。

それでは、手順2に行きましょう。いよいよ焙煎です。
5
これが私の使っている、手回し式の直火式焙煎機です。熱源はカセットコンロで、生豆500gを焙煎できます。
20年ほど前、コーヒー豆屋さんに行くとご主人から、
「ご自分で豆を焼いてみませんか?」と言われたのが、自家焙煎の始まりでした。
最初のころは100gの生豆を、銀杏煎りを使って焼いていたのですが、
結婚してから毎朝、妻と息子とコーヒーを楽しむようになり、一週間で500gほど豆を消費するようになったので、
大きめの焙煎機を、やはりコーヒー焙煎が趣味の金属加工の職人さんに作ってもらいました。
6

7
釜の内部の網の中に、先ほどピックが終わった豆を投入し、温度計をセットします。
8
この温度計は釜内の温度をモニターします。また、焙煎時間も計測できる優れものです。
初めての豆なので、どれぐらいかかるか分かりませんが、
目標は「最高温度235℃、焙煎時間23分、シティロースト(中深煎り)」です。
9
狙ったところ焙煎度で豆を取り出すのですが、釜から豆を出しても、余熱で焙煎が進んでしまうので、一気に冷ます必要があります。
なので、豆を広げるザルと、送風冷却をするためのドライヤーを準備しておきます。もちろん団扇でもかまいません。
では、焼いてみます。焼いてる間は常にハンドルを回していないといけないので、写真が撮れませんでした。
3分・・・チャフと呼ばれる薄皮が剥がれ始めました。
4分・・・青臭い匂いの中にほのかに酸っぱい香りがします。10分までは水分抜きの時間です。
10分・・・重かった回転ハンドルが軽くなってきました。水分が抜けたようです。ここから温度が急激に上がり始めます。
19分・・・水分が抜けた豆は、最初の膨張をします。すると豆は「パチパチ」と1回目のハゼをします。
22分・・・1ハゼが終わった豆は、2回目の膨張を始め「ピチピチ」と2回目のハゼし始めました。
22分32秒・・・ここで煎り止めです。最終的に238℃まで温度は上がりました。
10
豆をザルにひろげ、一気に冷却します。
11
焙煎後のハンドピックをして、焦げた豆などを取り除きました。
これで完成です。
では早速、試飲をしましょう。
12
まずは全体にお湯をかけて、30秒ほど蒸らします。
焙煎したての豆は、注湯するとぷっくりと膨らみます。
その後は中央に、500円玉大で、「の」の字を書くようにゆっくりお湯を注ぎます。
おや、初めて嗅ぐ甘い香りがします。
2、3回に分けて、規定量まで抽出して完成です。
味は酸味はマイルドで、甘みがあり、やさしいコクがあります。
次回はもう少し浅めに焙煎しようかと思います。
自家焙煎に興味のある方は、ぜひお声かけ下さい!
2022年11月10日 21:12

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

群馬県桐生市 大学現役合格指導塾 ナイト受験ラボ

【住所】 〒376-0046 群馬県桐生市
宮前町二丁目8番13号

【TEL】 0277-46-9641

【FAX】 0277-46-9651

【受付時間】 月曜日~金曜日 14:00~18:00
土曜日 14:00~17:00

アクセス

月別ブログアーカイブ

2024 (34)

モバイルサイト

大学現役合格指導塾 ナイト受験ラボスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら